プロポーズの場を飾るために

花を持つ女性

プロポーズは日本だけでなく、世界の多くの国で根付いている文化、風習です。プロポーズの際、気持ちを相手に伝えて終わるパターンもあれば、その際に何かをプレゼントするパターンもあります。プレゼントする物は、結婚指輪や花などが一般的です。プロポーズの際に花も一緒に贈りたいと考えている方は、特別な装飾をあしらったオリジナルのものを用意しましょう。花屋で購入する際、「誕生日プレゼント用ですか?」と問われることがありますが、その際に「プロポーズ用に装飾してください」と依頼すれば、プロポーズ用の特別な花にアレンジしてくれます。どのようなかたちにするかは、あらかじめ考えておいたほうがよいでしょう。スタッフの方に写真や本などを見せて、大まかなイメージを伝えることで、スタッフ側も作りやすくなります。花の種類などは、一般的にはバラが主流です。赤いバラやピンクのバラは見栄えがよく、花言葉も結婚やプロポーズに関するものなので、まさにうってつけと言えます。相手の誕生花に合わせるというのも良いかもしれません。

プロポーズをする時に花束を渡す男性は少なくありません。実際花屋の多くがプロポーズ用の花束やフラワーアートなどを販売しており、購入していく男性も案外多いです。プロポーズの際にプレゼントする花の種類を考える時は、季節感や花言葉などを意識しておくとよいでしょう。赤いバラやピンクのバラ、白バラなどは常に人気があります。花言葉が「愛情、情熱」、「尊敬、純潔」などであるからです。これらの花は一般的に人気が高いだけで、他の花がプロポーズの場に相応しくないというわけではありません。相手の好きな花を選ぶのもよいですし、2人にとっての思い出の花があれば、その花を少しアレンジして渡すというのもよいでしょう。季節によって旬な花も違ってくるので、花屋のスタッフに相談しながら決めるという手もあります。